Fuji

緊急ではないけれど、重要なこと

  • by
緊急なことばかり日々時間を使われてしまいがちじゃないですか、いきなりLINEで電話がかかってきたり、突然のお願いだったり、タイムセールだったり、久しぶりの再会だったり 重要かどうかよりも、いまかかってきちゃったし、いましかなさそうだし、という理由で緊急性の軸だけで意思決定をしていると、忙しい人は演出できるけれど、成長にはなかなか繋がってこない 緊急ではないけれども、将来の成長のために重要なこと、この部分にどれだけ意識を持ってこれるかどうかが大事ですよね 今は必死に取り組む必要はないけれども、将来はこの能力を使うことがありそうだから、徐々に準備をしていく、ということです 僕であれば例えば会社、事業を立ち上げることや、MBAだったり、それらは突然思い立った訳ではなく、学生の時からどのように運営をしていくかの勉強を少しずつしていて、英語やGMATの勉強も少しずつ続けていたわけですね 偉そうに言ってますけど僕も全然まだまだで、勉強を続けていかないといけないっす もちろんそれは言われれば大事だなってわかるじゃないですか、でもなかなか言われてすぐに実行できない、どういう考えが大事かと言うと、5年くらいの将来設計を立ててみて未来をある程度長期的に見ることです 5年後なんてわからん! て思うじゃないですか、僕も思ってたんですけど、意外に始めてみるとできちゃうもんですね、なんでかと言うと自分のやりたいことや目指したいものというポジティブなことを考えるので割とさくさく進みます その5年後の未来に対して、何が必要かな、ということですね 5年後の未来に対して、小さい努力を続けていく、ということですね 例えば、将来海外で働く経験を積みたいから英語を勉強します、という人がいるとしましょう、でもそれはとても浅いんですよね 僕も海外経験を積むべきだと考えていましたし、実際に海外で事業立ち上げだったり楽天国際部だったり海外周りのちょこちょこ経験は積んできました、ただ、英語を勉強すればいい、というような簡単な話しでは実現できないと思うんですよね、もしそうだったら英語の先生がなんでもできちゃうじゃないですか 英語も必要だけどね、それ以上に必要なことってたくさんある訳なんですよね たとえば海外に日本人を送る際には現地採用よりも会社側はコストがかかるので、英語話せる以前に「お前は海外行って売上、利益上げれるのかよ?」ていうとこ大事ですよね、それが無理なら英語話せるに関係なく赤字だからあなたは不適格だね、てなりますよね そういう未来の目標に対して、何が必要かな、こういう要素が必要だな、ていうのを洗い出して、重要具合、難しさ順とかに並べて、難しいものからちょっとずつ努力を始めないと、いざチャンスが目の前に来た時に能力不足でキャッチできないっすよね 英語の先生になるにしても、英語だけやっててもあんまり意味ないじゃないですか、英語は話せるけど教えるのはめちゃ下手くそ、だったら意味ないじゃないですか、ということです 本当に必要な、重要な要素は何なのか、それを深く考えたほうが、早めに考えたほうがいいと思うんですね 何を始めるにしても遅すぎることはない、と言いますが、僕は人生には手遅れになるということが多くあると思っています、それは能力的にも、突然の事故や寿命などの人生のタイムリミット的にも あまりに盲目的に英語をとりあえず、と考えている人が多いので僕なんかでもいろいろチャンスを手にすることができてきましたが、もったいないなと思ったので もっとユニークに考えたほうがいい あなただから何ができるのか、それは一朝一夕で身につくものじゃないはず、5年かけて磨く能力は何か、そういう風に取り組めると、自分の想像を超えるほど成長しているんじゃないかな、少なくとも僕はそうでした、その理由はあなたが成長するのもそうだけど、多くの人がそのように取り組んでおらず成長しないから、という2つの理由からです、あなたはどっち側の理由に含まれる人間になるのか、ということですね

僕らは何をしているのか

  • by
2人の男がいて、何をしているのか尋ねると 1人は「壁を作っている」と答え、 もう1人は「大聖堂を作っている」と答えた John F KennedyがNASAを訪れたときに事務員に何の仕事をしているのか聞いた 「人が月に行くのを手伝っている」と答えた Airbnbはホテルよりも安い代替的な滞在と打ち出していたのを変えて、 「異国の地でも温かいコミュニティが生まれる場を作っている」と定義した その先に何を目指して行動しているのか とても大事だと思う 突き詰めれば多くの仕事は似たようなことが多い 例えばコンビニのセブンとローソンとファミマはやっていることは対して変わらない でもどのような思いで取り組むかで差は出る ただ壁を作っているだけなのか、大聖堂を作るという使命感を持って取り組んでいるのか 作業としては変わらなくても最終結果はきっと大きく違うはずだ 実際に上記3社の売上高や利益率は大きく異なる、ただその取り組みの違いを消費者が明確に理解して使い分けているかと言うとそういう訳でもないと思う スターバックスが自分たちをただの珈琲屋さんではなく、Third placeとして定義したことをお客さんが理解していなくても、他とは違う居心地の良さを感じることはできる 大事なのは取り組む側がどのような思いで、使命感を持って取り組んでいるのか その思いはお客さんやユーザーも無意識にサービスを通じて感じ取ることができる つまりそれらはお客さん側に示すためのものではなく、 提供する側が使命感を持って取り組むためにあるもので、 結果としてそれがお客さんのためにもなっている 僕らの事業はいま大きく言うと… Read More »僕らは何をしているのか

1月の振り返り

  • by
皆さんは2019年の抱負、目標を振り返っていますか? 僕は毎月末振り返っています、どれくらい進捗しているのか、どこが足りていないのか、毎月振り返り調整していきます じゃないと忘れちゃうでしょ?あったかどうかもわからないくらいの目標になってしまうでしょ 冒険をするとき大事なことはゴールを決めること、そして常に現在地との乖離を確認しながら進むこと、この2つだよね 目標設定だけしてても、もしかしたら全然違う努力や時間の使い方をしているかもしれない、そんな環境で結果が出ないから2倍頑張ろうとしても2倍間違えるスピードが上がるだけだよね(僕が繰り返し読んでいる7つの習慣から) なのでちゃんと目標を立てたあとは定期的に現在地の正しさを調整しないといけないですよ 僕はと言うとうまくいったところといってないところが両方ありますね、もう少し数字をあげていかないといけないです うまくいっているところは新しい事業を徐々に進めており、それが予定よりも早く動いていることですね ほんとはちゃんと数字で客観的に評価してますけどそれは割愛 2019年最初の月、うまく進んでいますか? 頑張らないとね、いろんなことは起きるけれど、自分の夢を真っ直ぐに見て集中しよう、生半可な覚悟では何も実らない、1つが実るまで多くを犠牲にしよう、自分の犠牲量が努力量であり大きな果実の肥料にもなる、犠牲なく得られるものは所詮その程度のものでしかない、辛いこともたくさんある、大変なこともある、ただ時間は進む、止まってはいけない、自分の意思で進み続けないといけない、小さな一歩でもいい、進み続けないといけない、それ以外に夢に到達する術なんてない、それをわかっているにも関わらず動かないならただ口先だけで夢を語っているだけだ、言い訳はいらない、黙々と努力を重ねよう、結果を出す以外に自分の正しさは証明できない、甘えてはいけない、途中経過で褒めてもらえる数学とは違う、改めて覚悟を持って、進もう、自分だけは自分を信じて進もう、夢を追うこと以外に生きている意味なんてないだろう