藤岡なメンタル

無料サービス

無料のサービスというのは生活の至るところにありますね コンビニの店員さんが会計をしてくれて、笑顔で対応してくれることに我々は費用は払っていないですね 笑顔であろうがなかろうが、愛想よく対応してくれようがしてくれまいが支払う商品の値段は変わりません また、お客さん側も丁寧にお金を払おうが、不躾に商品を渡そうが支払う商品の値段は変わりません 配送業者さんもそうですね 笑顔で最後渡そうが、 受け取る側も「ありがとうございます」と言っても言わなくても費用的には何も変わりません レストランのサーバーの方も、バスの運転手さんも、タクシーも その対応に費用が発生していなければ、どちらの対応が悪くとも良くとも何も変わりません そういうところで人間が出るなあ、と思えるシーンに最近は数多く遭遇しました お客さんも、サービス提供側も、 態度がとても悪い人もいれば、とても良い人もいます 例えばですが、対応に費用が発生するようなところ、もしくはその費用が多く含まれているサービスの場合、もちろんいいサービスに費用が発生しているわけなので、提供側はすべての人にきちんと対応する必要があります 無料の場合はそうではないですね、最低限の責務、つまりバスなら指定の場所に届ける、サーバーであれば食べ物をテーブルに置く、配送業者であれば荷物を届ける、ということですね そのため、無料サービスの場合、より良いサービスを引き出すことができるのはお客の側次第と言ってもいいかと思います もしも利用する側が横柄な態度であれば、きっとシェフからの「おまけでメインのお肉厚切りにしておきましたよ」はもらえないでしょう 利用する側が失礼な態度でお客様という態度でふんぞり返っているのであればタクシーの運転手さんからの「ここのお店は13時が一番空いてるんですよ」という耳寄り情報をもらえないでしょう スマホのアプリを当たり前に毎日使うようになり、無料にあまりに慣れすぎていて、感謝とかそういうのが薄れてしまっているように思えます 良さそうだったら無料だったのでとりあえずダウンロードして、いらなくなったら感謝を伝える機会もなく削除してしまうのが当たり前 効率化はどうしても人間味を削ることになります 寿司のシャリはロボットが握り、蕎麦は機械が作ります 悪い意味で、便利な世の中になったなあと、この点で思います どこまで僕らは、今の当たり前に感謝ができているでしょうか 無料で提供されるものに感謝ができているでしょうか  … Read More »無料サービス

失敗の質

ある人が「失敗の質は問う」と言っていて、 おー、まさにこれだ と思ったので忘備録的に書いています   僕は、いくら失敗をしていいし、失敗をしないと成長できないし、失敗したらそれはうまくいかない方法を見つけただけでアクションし続ければOK、とずっと思ってやってきています ただ、もちろんそれは同じ失敗をしない、多様な失敗をして成長につなげる、という前提がありますが、それを一言で表してくれたのが「失敗の質は問う」です まさに、その通り、そういうことが言いたかった 失敗の質は問わないといけない、質の高い失敗をしていないと成長していることにならない 例えば1週間前にした失敗を今週もしているのであれば、その失敗の質は低いということになるし、質の低い失敗をしていると成長の質も低くなる ある失敗をしたときに、それがどれだけレベルの高い失敗なのか、振り返らないといけない、毎年、毎月、毎週、毎日している失敗が着実にレベルの高い、質の高いものになっていないかちゃんと振り返らないといけないな、ととても思いました 失敗の質は問う、いい言葉ですね

空の青さ

ベルギーで9歳で大学入学した子がニュースにこの前なっていましたね どうなっているんでしょう、さすがにすごすぎないでしょうか 僕も一応Warwickというイギリスの大学院でMBAを学んでおり、日本人最年少で合格をしているのですが、世界最年少は24歳ということで、世界は広いなーと思うわけです 世界があまりに広すぎるため、普通に生活をしていれば大抵は井の中の蛙状態になってしまうかと思います、そりゃそうですよね、個人の行動範囲は普通とても限られています、例えばですが東京在住東京勤務の人であれば普通は1年で見ても9割以上を東京で過ごしているのではないでしょうか 井の中の蛙大海を知らず、ということで、東京にずっといればその先に広がる大海を知ることは難しいでしょう、ただ大海を知ったところでどうなるのでしょう 有名なので知っている人も多いかと思いますが、井の中の蛙には続きがあります 井の中の蛙大海を知らず されど空の青さを知る 井の中にいるので広さは知らないけれど、誰よりも空の青さ、深さは知っている ということですね 僕は深さがとても大事だと思っています、なぜかと言うと誰にでもできることではないからです、同じ空をどれだけ自分を律して眺め続けることができるか、そこで飽きずに空の青さ、深さをどれだけ自分の中の知識、経験として落とし込めるか、大抵の人は同じ空を見続けていてもその空の青さの違いを明確に説明できるほど考察できる人はいないでしょう 広さを知るというのは、言ってみれば誰にでもできます、ただ歩きまわって知ればいいだけだからです ベルギーの少年は電気工学を学んでいるようですが、それはまさに空の青さを知っている人なんだと思います、会っていないのでもちろん知らないですがおそらく電気工学以外のこと、それ以外の大海についてはそれこそ周りの9歳児と変わらないんじゃないでしょうか?ただ誰よりも1つを突き詰めたからこそ、9歳で大学入学という偉業に繋がるのかな、と 今の結果、現状に自惚れず、 ただひたすらに努力を重ね空の青さを知る、そういうことができるようになりたいな、と思っています